ちょっとしたコツで無職の方がお金を借りる方法

無職のままではお金を借りることができないなら、職についたことにすれば良いのです。
キャッシング会社から見て、「無職」というのは「安定した収入がない状態」になります。
最近はアルバイトの学生でもキャッシングを利用できるように、この「安定した収入」が
お金を借りる時の最大のポイントです。
では、実際にどのような対策を立てればよいのでしょうか。


<お金を借りるために派遣会社に登録>

派遣会社に登録すれば、お金を借りることは無職のときよりもやりやすくなります。
なぜなら、登録をした時点で、キャッシング会社からあなたは派遣社員と見なされるからです。
実際に派遣社員として働いた実績がなくとも大丈夫なので、無職のときよりもお金を借りることができる可能性は何倍にも上がります。
さまざまな事情があって、「収入はないけれど返せるアテはあるからキャッシングを利用したい」という方は、この情報を参考によく調べてみてください。


<お金は借りたら返さなくてはいけない>

当たり前のことですが、お金は借りたら返さなくてはいけません。
そのため、先ほども申した通り「返せるアテ」がなければお金を借りることはあまりおすすめしません。
もしその「アテ」が不確定な要素、例えばパチンコなどのギャンブルや宝くじなら、絶対にキャッシングを利用しないほうが良いです。
少額のキャッシングであっても、金利は当然ついています。
利息だけでもかなりの金額にまで膨れ上がるので、計画的なキャッシングをしてください。

お金を借りるなら消費者金融で

お金を借りるとしたらやはり、信頼できる消費者金融の方がいいでしょう。
名の知れないところとか異常に金利が安すぎるところは、怪しいと思った方が無難だと思いますよ。
また、審査をしなくても借入が出来ます、といったところも疑ってかかった方がいいかもしれません。
一番怖いのは、何も知らずに良かれと思って契約した場所が闇金融だった!という事なので、充分気を付けるように。


お金を借りる時は慎重に

お金を借りる時は、いきなりではなくてよく考えてから慎重に決めるのが一番です。
よく考えずに決めてしまうと問題が起きた時に困ってしまうので、まずは色々調べる癖をつけておくのもいいでしょう。
また、本当にその金額が必要なのか考え直すことも大事だと思うから、一度だけではなくもう一度考え直してみて。
いきなり大きな額のお金を借りるのは怖いので、少ない金額にした方がいいでしょう。


消費者金融は怖い取り立てが来ますか?

皆さんの中には、消費者金融に対して怖いイメージを持っている人もいますよね?
でも、正しく利用する分には何も怖い事は無いので、安心してお金を借りる事が出来ますよ。
また、怖い人が自宅まで取り立てに来ることは法律で禁じられているので、ありえない事なんです。
でも、そうだからと言って油断して調子に乗るのはやめましょうね。

お金を借りる手段でおすすめなのはやっぱりカードローン

お金を借りることを考えたときに一番最初にあげるべきキャッシングサービスがカードローンです。他のキャッシングよりも利便性が高いローンであるため、利用者にとって多くのメリットがある借り入れを行うことができます。
お金を借りる時に考えるべきなのはやはり一番は金利の設定によって、これから支払うことになる利息のこと。それら全体を含めた返済のこと。できれば返済に苦しくなった後に考えるべきことなどです。
良く考えてからその後キャッシングを行うことにしないと、考えなしのキャッシングはその後の自己破産に繋がってしまうでしょう。返済に苦しくなってもまだおまとめローンや借り換えローンがあります。くじけないことが何より大切なのです。


<カードローンでお金を借りると自由に使える>

目的別ローンでお金を借りるとその目的でしか借り入れたお金を使えないという制限がかかります。
不動産ローンやマイカーローン事業主ローンなどがここに含まれるでしょう。
ですがカードローンで借り入れたお金は自由に使うことができるという大きなメリットがあります。生活費としてお金を借り入れるのも自由。趣味のためのお金など自身の楽しみのためのお金の借り入れも誰にも責められることがありません。
この借り入れたお金を自由に使えるのはカードローンの中でも1位2位を争うほどのメリットです。


<カードローンの借り入れには時間がかからない>

これが大きいでしょう。早い借り入れを行うためには昔なら悪徳金融業から借入れるしかなかったのですが、最近では消費者金融も銀行も積極的に即日融資のサービスを展開しています。
ネットから申し込んで、その後自動契約機で本契約を終わらせるのが一番早い借り入れのための手順で、これなら1時間もかからずに借り入れまでの流れをすべて終わらせることができます。
他にもネット上で自分の口座を指定してその口座に借り入れたお金が振り込まれる振込キャッシングも可能で、これでも早い借り入れを行うことができます。
申し込みのためのスマートフォンアプリが開発されるなど、現代のキャッシングサービスはお金を借りるための自由度が高くなったと言われています。

お金を借りる際の計画と誘惑は紙一重

よくお金を借りる際には計画的に運用しましょうという話を聞きますが、計画を立てればいいってものではないと感じませんか。お金を借りる際には自分が「欲しいもの・やりたいこと」のためにどのような金額を借りるのか、どのように返済していくのかを考えますが、その欲しいものややりたいことはどこから来たのでしょう。それは本当にお金を借りてまでするべきことなのでしょうか。

今回はきちんとした目的設定の下にお金を借りる計画を立てる方法についてご紹介致します。


<目的の選別は人生の選択に似たり寄ったり>

小学校の際に将来の夢という作文を書く授業をしたことがある方は多いと思います。世の中にどのような職業あるのかということやどのような人がいるのかという情報が全く分からないのにそんな作文を書かせるということは、今思えばとんでもない無理難題を吹っ掛けられたなと思います。
お金を借りる際にもお金を借りて何をしたいのかという目的を設定するのですが、それはある意味その作文のテーマを決めることと似ています。ただ違う点は、もう自分自身は世の中を少し知っていて、お金を借りる際に返済を考慮するということも知っているという部分です。やりたいことを箇条書きにすれば作文用紙が何十枚も埋まってしまうと思いますが、その中でも今の自分に一番必要なことを一つ設定し、その目的を達成するために必要なお金がなければその「ない分のお金を穴埋めする」というお金の借り方をすることが一番おすすめの計画方法です。


<お金を借りると目的も達成されるのか>

されません。お金を借りるだけで達成されるならみんな借りています。資金を手元に集めたのであればそのお金が無駄に消える前にきちんと努力して目的を達成しなければなりません。高いものを買って自分にご褒美を与えるというものでも資格を受験するというものでも、実行してきちんとその目的を達成するようにしましょう。
間違えてもその借りたお金を他の目的で利用しないようにしてください。さらに借り入れをすることになるか、ただ無駄な返済生活が始まってしまうだけです。

借りたお金をとりあえず友人との飲み代に使ってしまったり少しの金額だからとそのお金を削って瞬間の物欲を満たすために買い物に走ったりするようなことはしないようにしましょう。お金を借りるということは返済をするということ。自分の目的が達成されていれば返済などどうってことないのです。自分が今後充実した毎日を過ごせるように誘惑にまけず目的に向かって計画を遂行しましょう。

友達にお金を借りる、は有りか

できれば、極力お金は借りたくないですよね。でも、人生は長いです。いつ何時、何が起こるかもわかりません。また、どうしても、自分がこうしたい、ああしたい、これが欲しい、今、欲しい、ということがあるやもしれません。でも、先立つものが全く無い!!そんなとき、あなたの選ぶ方法は?


<友達にお金を借りるとき>

正直、こういう場合、必要な金額が問題です。そうたいした金額じゃなければ、欲しいものなんかは、諦めるか、ちょっと稼いで、お金がたまってから買えばいいですよね。最悪、本当にちょっとしたもので、すぐ返せるようなら、本当に親しい友人にお金を借りるのも、有りでしょう。


<お金を借りると、友達をなくす!?>

ただ、俗に言う「お金を借りると友達をなくす」ということはあながち嘘ではありません。やはり、人の間にお金が絡むと、微妙な亀裂が入りやすくなります。もちろん、あなたがその借金を踏み倒したりするのは言語道断ですが、ちょっと返すのが遅れたりするのもまずいでしょう。お金に関してはひとの価値観の違いがその亀裂を生みやすいのです。
逆に、あなたが貸すほうの立場になった場合、これまたよく世間で言われているように、始めからお金をあげたと思ったほうがいいです。また、お金を貸すことが相手の身にならないと思ったなら、きっぱりと断るのも有りです。
それが真実(ほんとう)の友情でしょう。

お金を借りるなら計画的にするようにしよう

今は金融機関があって困った時には、借入が出来るようになっているからとても便利ですよね。
でも、計画的に余裕を持ってお金を借りるようにしなければ、返済できなくなってしまったりして大変になります。
一番いいのは、本当に必要な時にだけ利用することなので、頻繁に借入して癖にならないよう気を付けるようにして下さい。
お金を借りるだけ借りて、最後は自己破産する、という事の無いように必ず返済シミュレーションをしておくように。


<初めてお金を借りるなら?>

初めて金融機関を利用するなら、銀行よりも消費者金融の方が安心できるかもしれません。
消費者金融は総量規制があるので、3分の1以上の借入が出来ないようになっているから自己破産してしまう心配は少ない。
銀行は規制の対象外なので自由にお金を借りることが出来ますが、自己管理のできない人には不向きだと言われています。
その金融機関によって、内容が変わってくるから前もってスマホなどで情報収集をしておきましょう。


<自己破産をすれば楽?>

よく返済が全くできなくなってしまって自己破産をしてしまう人がいますが、決して楽ではありません。
一度金融事故を起こしてしまうと、一定期間はお金を借りる事が出来ませんしローンを組むことも出来なくなります。
そして、その情報は長くて10年くらい残ると言われていますから、しっかり返済をして自己破産を避けましょう!

民間金融機関の教育ローンの活用でお金を借りる

奨学金や数少ない公的教育ローンが利用できない、またはそれだけでは不十分という場合には、民間の教育ローンからお金を借りるという方法があります。


<民間教育ローンの取り扱い場所>

都市銀行や地元に密着した地方銀行、信用金庫や労働金庫、JAバンク、損保などの金融機関が教育ローンを取り扱っています。無担保のタイプまたは有担保のタイプ、融資金利が固定金利型と変動金利型など、金融機関によりさまざまです。変わったところでは、子どもが就職した後に子ども自身が返済を引き継ぐ「親子リレー返済」が利用できる金融機関もあります。


<民間教育ローンの長所>

お金を借りる目的が「教育」ではありますが、比較的自由度が高く、商品内容にバリエーションがある点が民間金融ローンの特徴です。有担保のタイプには借入上限額が高いものもあります。また、お金を借りるのが幼稚園入園時点からでも利用できるものもあります。さらに、比較的お金を借りるまでのスピードが速く、手続きも簡単な場合が多いです。


<民間教育ローンの短所>

公的ローンより金利は高めです。しかし、顧客との取引内容の条件に応じた金利優遇があったり、シーズンになると金利優遇キャンペーンが行われる金融機関もあります。また、お金を借りる条件として世帯年収の下限や保護者の年齢の制限など、各金融機関によりさまざまなので気をつけましょう。

住宅ローンでお金を借りる、それを繰上げ返済

住宅ローンは、お金を借りる時点からその後通常25年〜30年と長期に及びます。ローン返済を始めてから数年もたつと、経済環境だけでなく、家計の収支や貯蓄状況もお金を借りる時点と比べて変わってくるでしょうし、ローンの金利状況も変化します。現状の家計環境などを整理して、再度住宅ローンを見直すことで、大幅に家計が改善されるケースも少なくありません。住宅ローンの見直し方法には、繰上げ返済、お金を借りる条件変更、借換え等があります。ここでは、繰上げ返済について触れたいと思います。


<一部繰上げ返済>

住宅ローンの繰上げ返済には、債務を全部返済(完済)する一括繰上げ返済と、一部繰上げ返済があります。通常「繰上げ返済」というと、この「一部繰上げ返済」のことをいいます。また、「一部繰上げ返済」には、「返済期間短縮型」と「返済額軽減型」の2種類があります。一部繰上げ返済で一般的によく行われているのが、「返済期間短縮型」です。毎月の返済額を変えずに、繰り上げた元金に相当する期間だけ返済期間が短縮されます。早い時期に実行するとそれだけ利息軽減効果が大きく、しかも元金返済回数分だけ期間が短縮されるメリットがあります。返済期間を変えずに毎月の返済額を軽減するのが、「返済額軽減型」です。月々のローンの負担を軽くしたいときに利用するとメリットがあるのですが、「返済期間短縮型」と比べると、利息軽減効果は小さくなります。財形住宅融資では、取扱金融機関に関係なく、最低返済額が100万円以上となっています。また繰上げ返済には手数料がかかるのが一般的です。民間の場合は、金融機関によって異なります。

専業主婦がお金を借りるときはどこで?

現金が急に必要になることは、専業主婦でもあるかと思います。しかし、本人に収入があることを条件に貸してくれるところは多いものの、専業主婦が利用できるカードローンなどはあまり目にしたことがないかもしれません。専業主婦が利用する場合には、どこでお金を借りるのでしょうか?


お金を借りるなら銀行系カードローン

消費者金融などでは、貸金業法という法律の下で営業されています。この法律では、お金を借りることができる人は、本人に安定した収入があることを条件にしているため、専業主婦が借りることはできないと言われています。厳密には可能なのですが、配偶者の同意書、収入証明書などさまざまな書類が必要になるので、気軽に、すぐに借りることができる、とは言えないものとなってしまいます。


専業主婦は銀行なら借りることができるかも

そのため、専業主婦で自分がパートなどをしていない場合には、銀行系キャッシングを利用するといいそうです。銀行系キャッシングは銀行法なので、消費者金融とは少しだけ違います。また配偶者に収入があれば、同意書などの書類なども必要ないというところもあるそうです。審査にかかる時間は、即日審査などと同じくらいといわれていますから、手間もかかりませんね。

パートでもお金を借りる事は可能ですか?

お金を借りるときに気になることって、やっぱり職業ですよね?
どんな人なら消費者金融を利用することが出来るのか、それは20歳以上でちゃんと働いている人だそうです。
ちゃんと働いて収入も勤続年数も安定している人なら、利用することが出来るみたいですよ。
この条件に当てはまっているのなら、パートやアルバイトでもお金を借りる事が出来ます。


お金を借りるのは当たり前じゃない

最近では、消費者金融の数も増えてきて、融資をしてくれるのも早くなってきました。
少しずつ私たちにとって身近になってきましたが、お金を借りるという事は借金をするのだということを忘れずに。
お金を借りられるというのは当たり前のことではなく、自分の信用と引き換えにしているのだという事。
だから、返済が出来なくなり延滞してしまうと信用を失ってしまうんです。


常に緊張感と責任感を持とう

お金を借りる際は、常に責任感と緊張感を持つようにしましょう。
そのまま普通に借入をして返済するのではなくて、緊張感などを持つようにすれば延滞したりしません。
それに、またすぐに借入をしようとは思わないはずなので、癖にならないようにすることが出来ます。
一番怖いのは、普段から利用しすぎてそれが当たり前になってしまう事です。

お金を借りる時は即日融資の方がいい?

お金を借りるなら、やっぱり即日融資の方が嬉しいし助かりますよね。
なので、即日融資をしてもらえるところを選ぶようにした方がいいと思いますが、他にも金利とか審査についても見比べてみることをおすすめします。
審査に通ることが出来なければ、利用することが出来ないのでしっかりチェックを。
場所によっては、その申し込み時間によって即日融資が厳しいところもあるみたいなので、事前に調べてみて。


お金を借りるのは悪いこと?

お金を借りることは良くない事だと思っている人が多いですが、悪い事なんかじゃないですよ。
困ってしまった時は自分を追いつめて何とかするよりも、素直に消費者金融などに頼るべきだと思うんですよね。
どんなに無理をして頑張ったって、どうにもならないこともありますからね。
それに、後からちゃんと返済をして完済すれば何も問題はないので、恥ずかしがることもないと思いますよ。


返済が難しくなってしまったら?

お金を借りるなら、最後まで責任を持つ必要があります。
でも、どうしても返済が難しいという場合は、その金融機関へ連絡入れてその旨を伝えましょう。
そのまま滞納し続けて連絡もないとなると、返す気が無いのでは?と思われてしまいます。
延滞すること自体印象が良くないですが、連絡を入れるのとまったく入れないのとでは大きく違ってきます。

お金を借りるには審査に通らないといけない

お金を借りるには申し込みをして、審査に通らなければいけません。
その審査では個人情報と信用情報について確認をされるので、大きな問題が無ければそのまま通ることが出来ます。
安定した収入を得ていて他社からの借入が少ない人であれば、比較的に通りやすいと言われていますよ。
しかし、勤続年数が極端に短い人や他社から借入を複数している人だと、通るのはなかなか難しいようなので、注意して。


審査に通れたらお金を借りる事が出来ます

審査に無事通ることが出来たら、やっとお金を借りることが可能になります。
この時、気を付けてほしいのはあまり多額を借入しない事と返済のことを忘れずに考えることなんです。
即日融資をしてくれるところが増えてきている中、それを勘違いしてもらっていると思っている人もいるようです。
あくまでも借金をしているのだというのを忘れないようにして、節度を守りながら利用するように。


審査には何が必要ですか?

お金を借りる前には審査を受ける必要があると言いましたが、何が必要になるのでしょうか?
それは、本人だと確認できるものなんです、一番望ましいのは運転免許証なのですが最近では持っていない人も多いですよね。
その人たちは、健康保険証やパスポートを用意すれば大丈夫なので、安心していいですよ。
また、借入金額によっては収入証明書が必要になるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

銀行からお金を借りる

お金を借りる時って、皆さんはどこから借りているのか気になりませんか?
多くの人達は消費者金融を頼っているでしょうが、総量規制によって消費者金融では借入出来ない人も出てきています。
そういう人たちは何に頼ればいいのか困っていたりしますが、その時は銀行に頼ってみるのがいいですよ。
銀行は、年収の3分の1に関係なく借入をすることが出来るようになっているから、まとまった金額も借りる事が可能です。


お金を借りるには目的を

銀行からお金を借りる時は、まず何か目的を決めるのがいいでしょう。
何に使うのか、それをちゃんと決めた上でお金を借りるようにした方が、返済プランも立てやすくなります。
自分が無理なくきちんと返済できるような金額を選択するようにして下さいね。
使用目的は自由となっているので何に使ってもいいようになっていますが、返済はしっかりと行うように。


金利について確認を

お金を借りる際にチェックしておきたいことは、やっぱり金利についてです。
これは返済時に大きく関わってくることなので、絶対に確認しておくのがいいでしょう。
銀行は比較的に金利が少々高くなっているので、それぞれ見て確認を。
また、評判や口コミを調べてから利用するかどうか決めるのもOK。

参考・・・・・オリックス銀行カードローンの審査に通るためには?(業界ナンバーワン低金利が特徴のオリックス銀行カードローン。審査に通るための条件などが紹介されています)