住宅ローンでお金を借りる、それを繰上げ返済

住宅ローンは、お金を借りる時点からその後通常25年〜30年と長期に及びます。ローン返済を始めてから数年もたつと、経済環境だけでなく、家計の収支や貯蓄状況もお金を借りる時点と比べて変わってくるでしょうし、ローンの金利状況も変化します。現状の家計環境などを整理して、再度住宅ローンを見直すことで、大幅に家計が改善されるケースも少なくありません。住宅ローンの見直し方法には、繰上げ返済、お金を借りる条件変更、借換え等があります。ここでは、繰上げ返済について触れたいと思います。


<一部繰上げ返済>

住宅ローンの繰上げ返済には、債務を全部返済(完済)する一括繰上げ返済と、一部繰上げ返済があります。通常「繰上げ返済」というと、この「一部繰上げ返済」のことをいいます。また、「一部繰上げ返済」には、「返済期間短縮型」と「返済額軽減型」の2種類があります。一部繰上げ返済で一般的によく行われているのが、「返済期間短縮型」です。毎月の返済額を変えずに、繰り上げた元金に相当する期間だけ返済期間が短縮されます。早い時期に実行するとそれだけ利息軽減効果が大きく、しかも元金返済回数分だけ期間が短縮されるメリットがあります。返済期間を変えずに毎月の返済額を軽減するのが、「返済額軽減型」です。月々のローンの負担を軽くしたいときに利用するとメリットがあるのですが、「返済期間短縮型」と比べると、利息軽減効果は小さくなります。財形住宅融資では、取扱金融機関に関係なく、最低返済額が100万円以上となっています。また繰上げ返済には手数料がかかるのが一般的です。民間の場合は、金融機関によって異なります。

Comments are closed