民間金融機関の教育ローンの活用でお金を借りる

奨学金や数少ない公的教育ローンが利用できない、またはそれだけでは不十分という場合には、民間の教育ローンからお金を借りるという方法があります。


<民間教育ローンの取り扱い場所>

都市銀行や地元に密着した地方銀行、信用金庫や労働金庫、JAバンク、損保などの金融機関が教育ローンを取り扱っています。無担保のタイプまたは有担保のタイプ、融資金利が固定金利型と変動金利型など、金融機関によりさまざまです。変わったところでは、子どもが就職した後に子ども自身が返済を引き継ぐ「親子リレー返済」が利用できる金融機関もあります。


<民間教育ローンの長所>

お金を借りる目的が「教育」ではありますが、比較的自由度が高く、商品内容にバリエーションがある点が民間金融ローンの特徴です。有担保のタイプには借入上限額が高いものもあります。また、お金を借りるのが幼稚園入園時点からでも利用できるものもあります。さらに、比較的お金を借りるまでのスピードが速く、手続きも簡単な場合が多いです。


<民間教育ローンの短所>

公的ローンより金利は高めです。しかし、顧客との取引内容の条件に応じた金利優遇があったり、シーズンになると金利優遇キャンペーンが行われる金融機関もあります。また、お金を借りる条件として世帯年収の下限や保護者の年齢の制限など、各金融機関によりさまざまなので気をつけましょう。

Comments are closed